通販で購入できる排卵誘発剤の用法用量を知る

7月 18, 2019

\90秒で注文完了/排卵促進剤の購入はこちら
排卵障害でなかなか妊娠ができない場合、性腺刺激ホルモンが不足していると考えられます。

そのため、自然妊娠は難しくなりますが、排卵誘発剤を使用すれば性腺刺激ホルモンが刺激されて排卵しやすくなります。

排卵誘発剤を使用すると無排卵周期症の方は70~80%、第一度無月経の方は60~70%の確率で排卵に成功します。(妊娠成立ではない)

 

排卵誘発剤は病院と通販で手に入れることができます。

病院で処方してもらう場合は、それなりの費用はかかりますが排卵誘発剤の使い方は使う上での注意事項を教えてもらえます。

一方、通販で購入するとなれば通院の必要がなくなるという利便性はありますが、購入手続きはもちろん、排卵誘発剤の使い方や使う上での注意事項は自分で調べなければなりません。

通販サイトの商品ページに詳しく記載されているかとは思いますが、通販サイトによっては誤った情報が記載されていたり、情報量が少なく十分な知識が得られませんので、こちらで詳しく排卵誘発剤の使い方をご紹介しておきます。

 

排卵誘発剤の正しい用法用量

用法用量を守って飲む人排卵誘発剤は月経5日目に服用をスタートします。

1日1回1錠(50mg)を5日間連続で服用します。

排卵誘発剤は錠剤タイプのお薬なので、服用する際には水やぬるま湯と一緒に服用します。

錠剤だけで飲み込むと喉につかえたり有効成分の吸収率が下がってしまう恐れがあるので、必ずたっぷりの水分と一緒に服用してください。

 

5日間連続で服用したあと、1~2週間すると排卵します。

ただし、上記の服用で排卵が行われていなかった場合には、次回の月経5日目に1日1回2錠(100mg)にして5日間連続で服用してください。

 

排卵誘発剤の1日の最大服用量は100mgと決められていますので、限度を超え他服用は避けてください。

 

服用時の注意

排卵誘発剤は5日間連続で服用しなければなりません。

そのため、服用を途中でやめたり服用を忘れると効果が得られなくなります。もしも服用を忘れた場合には思い出したときにすぐ服用してください。

ただし、次の服用時間と近い場合には忘れた分の錠剤は服用しなくでください。忘れたからといって決して2回分をまとめて服用しないこと。

 

妊娠中や妊娠の可能性がある場合、排卵誘発剤を服用すると胎児毒性や催奇形作用があるので服用してはいけません。

間違って服用しないためにも毎日基礎体温を測っておきましょう。

また、他にも乳がん・子宮がん・卵巣がんなどの女性疾患、肝臓疾患がある方は症状が悪化する恐れがあるので服用しないでください。

併用禁忌薬や併用注意薬などはとくにないものの、服用が心配な場合には医師へ相談してから服用するようにしましょう。

また、服用時には目がかすみやすくなるので、服用中は高所での作業や車の運転など危険性がある行為は避けてください。

 

排卵誘発剤を飲むと双子や三つ子はできやすい?

噂について考える女性よく、排卵誘発剤を使うと多胎妊娠しやすい(双子や三つ子)と言いますが、これは都市伝説のように思いますよね?

ですが、実は都市伝説ではなく、本当のお話なのです。

 

通常、自然の排卵周期では1つしか排卵されませんが、排卵誘発剤を服用すると2つ以上排卵しやすくなります。そのため、多胎妊娠の可能性が高まり、双子や三つ子などが生まれやすくなります。

その確率は自然妊娠の場合わずか1%ですが、排卵誘発剤を使用すると5~7%まで上昇します。

そのため、双子や三つ子の赤ちゃんがほしい!ということで、排卵誘発剤を通販で購入して服用する女性も居ます。

 

ですが、多胎妊娠は早産のリスクや母親の体の負担も大きくなるので、しっかりと考えた上で排卵誘発剤を使用しましょう。

排卵促進剤を通販で購入するなら

クロミッドのイメージ
不妊治療の第一歩となるタイミング法を補助する役割を持っている排卵促進剤
これで、妊娠することができればいうことありません。
この方法でダメだった場合は、更に費用の他に肉体的精神的に負担が大きくなる人工授精や体外受精という方法しか手がなくなります。
排卵促進剤の通販ならば、購入にかかる費用を抑えられるので浮いた分はダメだった時の保険や更なる不妊治療の為の貯金に回すといったことも可能です。
諦めずに、不妊治療を続けていくためにはやはりコスト面の負担を抑えることはとても大切です。

排卵促進剤の購入はこちら

Uncategorized

Posted by admin