通販の排卵誘発剤は病院と比べてどのくらい安い?

\90秒で注文完了/排卵促進剤の購入はこちら
料金のイメージはじめにも少しお話しましたが、病院で不妊治療を受けるとなれば高額な費用がかかってしまいます。

不妊治療方法によっても費用は変わってきますが、排卵誘発剤を使用しての不妊治療は具体的にどのくらいの費用が必要になってくるのでしょうか?

また、通販を利用した場合にはどのくらい費用を抑えられるのか?ここでは排卵誘発剤の費用のお話をしていきたいと思います。

 

病院で排卵誘発剤を使用した不妊治療の費用

どんな方法で不妊治療をするにしても治療を始める前には必ず検査(不妊の原因を調べる検査と排卵時期を調べる検査)を行ないます。そして、検査結果を元に治療を始めていきます。

 

排卵誘発剤を使用した不妊治療を行なう場合の費用は

不妊の原因を調べる検査…約25,000円

排卵時期を調べる検査…約2,500円

排卵誘発剤の処方…約2,000円

 

不妊治療は不妊症おと診断された場合には保険が適用されます。

ですが、もともと保険が使えない検査内容も多く、何度も検査を受けなければならないのでどうしても高額になってしまいます。

さらに、通院の病院が自宅から遠い場合には交通費も加算されるので、経済的な負担がかかることに。

排卵誘発剤を使用してすぐに排卵してくれれば良いですが、うまくいかない場合にはどんどんとお金が必要になります。

ただし、専門知識を持った医師と一緒に治療をはじめていくので、気持ちの面での安心感は得られるでしょう。

 

通販で排卵誘発剤を購入したときの費用

節約できた女性通販を利用する場合、病院の診察を受けずに自分で排卵誘発剤を購入することとなります。

そのため、当然ですが検査料や診察料は発生しません。

通販サイトや購入する排卵誘発剤によっても金額は異なりますが、ある通販サイトでの金額を見てみると、

不妊治療で実際に処方されているクロミッドは1箱10錠入りで1,890円で販売されています。送料がかかる場合でも1,000円加算される程度なので約3,000円で排卵誘発剤を手に入れることが可能です。

また、通販はまとめ買いするほど1箱あたりの金額が安くなり、2箱で3,400円(1箱あたり1,700円)、3箱で4,530円(1箱あたり1,510円)になります。

これでもかなりお手頃価格になりますが、さらにクロミッドのジェネリック医薬品を選ぶとよりお得になります。

同じ通販サイトでクロミッドのジェネリック医薬品の金額を見てみると、

1箱10錠入り800円で販売されています。

また、ジェネリック医薬品も同様に、まとめ買いをするとお得になります。5箱で3,200円(1箱あたり640円)、10箱で5,900円(1箱あたり590円)で購入できるので長期的に服用が必要な場合にはまとめ買いが適しています。

ジェネリック医薬品は破格と言っても過言ではない金額になりますが、それでも病院で処方されるクロミッドと同一成分が使用されているので効果は確かです。

特に医薬品のブランド性にこだわらないようであれば、お安く購入できるジェネリック医薬品で十分です。

 

病院と通販を上手に使い分けよう

使い分ける女性クロミッドを安く手に入れたいなら通販がおすすめですが、必ずしも通販が良いわけではありません。

通販は病院のように医師のサポートはありませんし、排卵誘発剤の使い方や飲み方も自分で調べなければなりません。また、悪質な通販サイトを利用してしまうと偽物が届く恐れもあります。

そのため、病院と通販は上手に使い分けて不妊治療を始めていきましょう。

 

例えば、今は排卵誘発剤を病院で処方してもらうだけという方は通販に切り替えると費用を安く抑えられますし、これから不妊治療を始める方はまずは病院で検査を上で通販に切り替えると安心です。

 

不妊治療は根気が必要なので、少しでも負担を減らすためにも賢く排卵誘発剤を購入しましょう。

排卵促進剤を通販で購入するなら

クロミッドのイメージ
不妊治療の第一歩となるタイミング法を補助する役割を持っている排卵促進剤
これで、妊娠することができればいうことありません。
この方法でダメだった場合は、更に費用の他に肉体的精神的に負担が大きくなる人工授精や体外受精という方法しか手がなくなります。
排卵促進剤の通販ならば、購入にかかる費用を抑えられるので浮いた分はダメだった時の保険や更なる不妊治療の為の貯金に回すといったことも可能です。
諦めずに、不妊治療を続けていくためにはやはりコスト面の負担を抑えることはとても大切です。

排卵促進剤の購入はこちら

Uncategorized

Posted by admin