排卵誘発剤通販が快適な妊活を実現する

7月 18, 2019

\90秒で注文完了/排卵促進剤の購入はこちら
妊婦さん子供を作って育てるというのは、女性としての幸せの一つです。
仕事に幸せを見出した人も、子供ができることで新しい幸せを感じるようになることも珍しくありません。
子供嫌いだった女性が、自分に子供ができた事で子供が好きなるというケースも多いですよね。
ですが、子供が欲しいと思っても中々子供ができないというケースも少なくありません
特に、女性が社会進出する機会が増えた昨今の日本では、そういったケースに陥る女性は少なくありません。

現に、私もそうした人間の一人でした。
主人と子供を作るために、様々な努力をしてやっとの思いでできた子供は今では、かけがえのない存在です。

私たち夫婦は、不妊治療としてはまだまだ軽い方で済んだので良かったです。
不妊治療には、タイミング法から人工授精、体外受精と段階を踏んで行っていきますが
段階が上がれば上がるほど、必要になる費用は高くなりますし体や気持ちへの負担もどんどん大きくなってしまいます

私の場合は最初のタイミング法で子供を授かることができました。
そして、このタイミング法にも病院を使う方法と通販を使う方法で、かかってくる費用が違ってきます。
私たち夫婦は通販を利用して排卵誘発剤を手に入れるようにしていたので、夫婦で考えていたよりも費用は安く済みました。

このサイトでは、そんな私たちが利用して子供を授かることができた排卵誘発剤の通販について紹介したいと思います。

不妊治療に関する情報は、既にたくさんのサイトがありますし、病院や病院のサイトの方が詳しくて確実な情報が載っているので、そちらを参考にするとよいと思います。

排卵促進剤をすぐ購入

クロミッドのイメージ
タイミングを計って排卵を促し、妊娠を行うタイミング法に不可欠な排卵誘発剤。

病院で処方してもらう事もできますが、忙しい人にはそれも大変だったりします。
当然、不妊治療の期間が長くなればその分だけ費用もかさみ、妊娠する可能性も減少します。

すぐにでも不妊治療の一歩を踏み出す野であれば、迷わないことが肝心です。

排卵促進剤の購入はこちら

排卵誘発剤の通販はタイミング法に必要不可欠!

薬のイメージ
タイミング法とは、その名前が示す通り妊娠しやすいタイミングで子作りをして妊娠を目指すといった方法です。
タイミングを計って子作りするという以外は特に普通の子作りと違いはありません。
ですが、排卵障害などがあった場合には、排卵誘発剤を使って卵胞の発育を促して排卵を誘発させる方法になります。
そうすることで、正常に排卵が行われるようになりタイミング法が使えるというわけです。

この排卵誘発剤を使ったタイミング法に関しては、保険が適用される治療になるのでまだ、不妊治療としては費用的な負担は小さい方ですが、それでも継続して行うとなるとバカにならない金額になります。
保険が適用されると言っても、病院へ足を運ぶ機会も増えますし病院に行く機会が多くなると当然、排卵誘発剤の費用だけじゃなくて、診察や検査といったことでも費用が掛かってしまったりするのです。

一度や二度だけなら、大きな負担にならなくても継続して不妊治療をすれば、どんどんと費用負担の総額は大きくなりますし、家計とのバランスなどを考えるとどこまで不妊治療ができて、どこからは諦めなきゃいけないというのがはっきりしてっきます。

不妊治療を始めた頃は、保険も使えるしいいなと思ってはいたんですけど、それでもやっぱり続けると負担が大きくなるし精神的にも結構くるので、大変でした。

ですが、排卵誘発剤が通販でも手に入れられるという事をしってから、そちらを使うようにしました。それまでに、病院で処方してもらっていたものですし、使い方もわかっていたので、使い方に困ることもなかったですし何より安かったのが大きかったですね。

継続した不妊治療で家計的にも肉体的にも、精神的にも疲弊してくる不妊治療。
どこか一つだけでもその負担を軽くすることができるだけでも、気持ち的に全然余裕が出てきます。

排卵誘発剤のジェネリックで更にお得に

節約のイメージ
排卵誘発剤の通販を見ておどろいたのが、ジェネリックがあったことです。
同じ成分だから効果も同じというジェネリックは、効果が同じなのに価格は安いとまさに、私たち夫婦のような庶民の味方!
実際、通販サイトで見るとジェネリックとそうでないので価格が倍近く違っているなんて事も…

また、排卵誘発剤の他に排卵検査薬だったり、妊娠検査薬もとても安かったので排卵誘発剤と共に購入して排卵を確認してから子作りに励むという事もできました。

排卵誘発剤の通販に違法性はない?

考える女性
本来、医師から処方してもらうべき排卵誘発剤を通販で手に入れることに違法性はないのでしょうか?
ここからは、排卵誘発剤通販の違法性に関して紹介します。

通販であろうが何であろうが、処方箋医薬品と呼ばれるものを処方箋無しに売買することは禁止されています。
逆に、一般医薬品と呼ばれるものは処方箋無しでも売買することが可能です。
風邪薬などがこれに当たりますね。
ですが、病院で処方してもらえるような処方箋医薬品はダメなのです。
理由はとっても単純で、副作用だったり飲み合わせの問題があるからなんです。
だから、診察を通して処方箋医薬品を飲んでも問題ないかを医師が判断したうえで、処方されます。
ですが、処方箋医薬品である排卵誘発剤は通販で購入できるのです
それはなぜなんでしょう?実は、排卵誘発剤の通販は通販のようで通販ではありません。

個人輸入と呼ばれる方法で海外の国から排卵誘発剤を輸入しているだけにすぎません。
そして、この輸入の時に間に入ってくれるのが通販サイトなわけです。
この通販サイトも通販サイトのように見えて、実際には個人輸入を代行してくれるサービスになります。
そもそも、海外の国から個人的に医薬品を輸入することは禁止されていません。
ですが、輸入には英語でのやりとりや法律関係の知識、輸入の手続きとやることが沢山!
そのやるべき事を、全て代行してくれるのがこの個人輸入代行と呼ばれるサービスの魅力となっています。

ジェネリックも買えて、面倒な所は全て代行してくれるので、とても役立ってくれました。

排卵誘発剤通販を活用することで

有効活用のイメージ
排卵誘発剤はその名の通り、排卵を誘発してくれる医薬品です。
日本の婦人科でも当然のように処方されているものも、排卵誘発剤通販で購入したものも基本的には同じものなので、通販だからと言って効果などが全く違うといったこともないので、安心して使う事ができます。
が、最初から通販で手に入れると用法用量など詳しいことが分からなかったりすることもあるので、初めは病院で処方してもらってある程度慣れてきたら、通販にシフトしていきながら費用を抑えるのが私がやってた方法です。
これなら、用法用量とかもわかった上で、使う事ができるし必要になる費用は病院で処方してもらう時よりも安くなるので、長く不妊治療を続けられます。

私の場合は、運が良かったのか不妊治療を行った期間はソコまで長くなかったので、良かったですが、長くなれば長くなるほどすべての部分で負担が膨れ上がっていくので、少しでも負担を抑えられる部分は抑えるようにすることが、不妊治療では大切だと思います。

排卵促進剤を通販で購入するなら

クロミッドのイメージ
不妊治療の第一歩となるタイミング法を補助する役割を持っている排卵促進剤
これで、妊娠することができればいうことありません。
この方法でダメだった場合は、更に費用の他に肉体的精神的に負担が大きくなる人工授精や体外受精という方法しか手がなくなります。
排卵促進剤の通販ならば、購入にかかる費用を抑えられるので浮いた分はダメだった時の保険や更なる不妊治療の為の貯金に回すといったことも可能です。
諦めずに、不妊治療を続けていくためにはやはりコスト面の負担を抑えることはとても大切です。

排卵促進剤の購入はこちら

Posted by admin